2022年 夏のボーナス公開

給料公開
スポンサーリンク

こんにちは、タナヤスです。

他人のボーナスって気になるけど、なかなか見る機会ってないと思うので、私のボーナス明細を公開します。他人のボーナス明細を見てみたいという欲望を満たす一助になればと思います。

プロフィール
  • 年齢:40歳代
  • 勤務先:プライム上場 メーカー(名前を聞いてもほとんどの方は知りません)
  • 学歴:地方国立大学卒業
  • 転職:1回
  • 住まい:福岡県
  • 家族:嫁、息子2人(小学生、幼児)の4人家族
スポンサーリンク

2022年 夏のボーナス 金額は?

賞与750,900円健康保険料33,000円
持株会補助2,000円介護保険料6,375円
厚生年金保険料68,625円
雇用保険料2,525円
所得税65,614円
社員持株会22,000円
支給額合計750,900円控除額合計197,866円
差引支給額555,034円

夏のボーナスは750,900円でした。去年の夏のボーナスより21,500円多かったです。

基本給が上がっているので、それで少しボーナスも上がったのでしょう。

一昨年まではボーナスは80万をこえてましたが、人事制度の改定によって、昨年から70万円代になってます。

会社の制度を変更することはできないので、昇格してボーナスを上げていくしかないです。

あとは、とにかく入金力を上げて、配当収入を増やすことに注力していきます。

年間配当収入は2022年7月現在で、年間73,056円です。現状は夫婦2人の年間携帯代程度です。まだまだ少ないですが、地道に投資をおこなっていくしかないでしょう。

スポンサーリンク

ボーナスの使い道

使い道金額
車のローン100,000円
住宅ローン(ボーナス払い)65,000円
自動車税39,500円
旅行(大分 湯布院)51,000円
時計(TISSOT)67,000円
投資50,000円
貯金100,000円
遊興費18,000円
合計490,500円

ボーナスの使い道はざっくり上記のような感じです。ボーナス手取り 55万、使った金額 49万。残りの 6万は正直わからないです。

日々の消費に消えていったり、追加の投資資金に回ったりしていると思います。

家計簿をしっかりつけている方だったら、ここらへんもしっかり把握されているのでしょう。

私はざっくり派なのでこの程度です。ただし、今回6万円の使途不明金が発生していることは把握できたので、次回のボーナスのときは、できるだけ使途不明金が出ないようにやっていくつもりです。

使途不明金というのは気持ちが悪いものなので、それをできるだけ無くしたいと思うのは、人間が本来持っている習性、本能のようなもののような気がします。

家計簿をつけてなければ、使途不明金が発生していることすら把握できてないです。

したがって、家計簿とつければ、「使途不明金があることは気持ち悪い」と思う人間の本能・習性に働きかけることができ、家計管理が向上します。

スポンサーリンク

6月の給料は?

支給額合計457,530円控除合計96,889円
差引支給額360,889円
残業時間 33.0H

仕事が忙しく残業時間が33時間を超えて、残業代だけでが95,120円ありました。

おかげで、手取り30万を大きく超えてました。

ただし、4月〜6月分の給料(残業代含む)によって、社会保険料が決まります。

私の会社は月末締めの10日払いです。よって、昇給がある場合は、5月〜7月までに支払われた給料によって社会保険料きまるので、おそらく9月に支払われる給料から、社会保険料はかなり上がるでしょう。

昇給しても、税金・社会保険料が上がって手取りが増えないという負のループになりそうです。

参議院選挙が終わってこれから3年間は選挙がないので、消費税増税の噂がありますが、岸田政権には、これ以上の増税だけはやめてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました